機械製造について

ヤスオカの機械製造

ヤスオカが保有する技術力の中核、それは言うまでもなく「圧延」です。創業以来今日にいたるまで、半世紀以上にもおよぶ歴史のなかで、数多くのお客様から、数多くのニーズや悩みをお聞かせいただき、数多くの圧延機、レーザー加工機、走間寸法測定器、直線切断機を設計・製造してきました。半世紀以上にわたって蓄積した技術を用いた設計・製造を行っています。

機械製造に関するヤスオカの技術

ヤスオカの機械加工は「お客様のニーズに合わせたオーダーメイド設計・製造・開発」。お客様からのシビアなリクエストに及び腰になるのではなく、まずは行動で示す。この行動とは、根拠と裏付けに基づいたもの。ご要望に応じた機械の製造を実現するためには「行動」しなければなりません。この「行動の積み重ね」が実績こそが様々な機械を生み出してきた背景です。

ニーズに合わせたオーダーメイドで設計・製造

圧延機

ラフ画や構想仕様、ポンチ絵などから装置の概略をご提案。可能であれば社内設備による加工テストなどを実施することで実現可能性の可否を判断し、装置構想概略とお見積もりをご提出いたします。

3DCADソフト(SOLIDWORKS)にて機構設計

圧延機

受注いただいた際には詳細な設計作業に入らせていただきます。
使用CADソフトはSOLIDWORKSとなります。

他の技術、金属加工ノウハウと融合した機械製造

圧延機

装置完成致しましたら出荷前立会を実施し、装置の使い勝手などをご確認いただきます。もし必要な追加仕様などが発生した際には修正の上で装置を出荷いたします。

info@yasuoka.co.jp お問い合わせフォーム

カタログや会社案内のダウンロードをご希望の方は
イプロス、または弊社までお問い合わせください