レーザー彫刻・レーザーマーキング 加工事例

2次元バーコードのレーザーマーキング

レーザーによる下地処理を実施することで、2次元バーコードを安定的に読み取ることができるようになります。
金属へのレーザーマーキングでは、光の反射によって色の変化が生じやすいのですが、ヤスオカのレーザーマーキングでの下地処理は鏡面研磨されたステンレス板でも、光沢を限りなく除去し、安定的な読み取りを可能にします。
QRコード以外でもデータマトリックスやバーコードでも対応可能です。また、ロット番号などの通し番号なども承ります。

info@yasuoka.co.jp お問い合わせフォーム

カタログや会社案内のダウンロードをご希望の方は
イプロス、または弊社までお問い合わせください